=TOP= of HLA



Human Love Aid
アスリートが、ケガをしにくい体づくりに励むように、高齢者が、骨折しにくい体力づくりを心がけるように、倖せを感じやすくする心づくりがあっても良いと思うのです。

予期せぬ災害や、憎むべく犯罪の前で、私たちは無条件で助け合います。その行動力、想像力には、なんの計算もありません。だから、私たちは、不幸な事態に遭遇せずとも、日常の、あたり前な毎日の中で、その能力をもって助け合うことが出来るはずです。

AIのディープラーニングでも実現不能な、人間最後の砦「愛」は、健全な「心」でしか生まれません。
学業至上主義、学歴偏重社会では、人の気持ちを想像したり、得にもならないことで誰かのために力になる事を評価しません。それは、非常に憂える事態です。

私たちは、いじめない「心」を育て、いじめられても負けない「心」を応援し、「倖せ」を身近に感じられるよう、「支え合う社会」を目指します。

費用対効果ありきの不寛容な社会から脱するために、今を生きる私たちがすべきことは、「知恵」と「知性」を持ち寄って、明るい未来の土台を築くです。

ともに、手を取り合って・・、大急ぎで・・、愛をもって・・。



ENTER